読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記帳

音楽ホール、美術館、映画館に出没

2016/08/19 東京バレエ団

通常通り、勤務を終えて、都立大学駅へ。

毎年恒例のめぐろバレエ祭り。今日は、ガラ。演目は、パキータ、スプリング・アンド・フォール、ボレロ

パキータ。ベテランというと叱られるかもしれないが、奈良さんの美しいバレエには気品と風格が感じられる。こういう役もいいけど、でも、やっぱり、妖しい役を見たい。

「スプリング・アンド・フォール」は初見。
振付:ジョン・ノイマイヤー、音楽:アントニン・ドヴォルザークの弦楽セレナーデで、とても楽しみにしていた演目。タイトルの意味は分からないが、私には、恋人たちの出会いが描かれていてハッピーエンドかなと感じた。ノイマイヤーの振付はストーリーがあって、とても良い。ダンサーの解釈も良いと思う。主役の秋元さんと沖さんは立っているだけでも演技になっていて、彼らが動き出すとフワーっとストーリーも動く。とても素晴らしい。

ボレロ。メロディは柄本弾。昨年横浜港での雨のデビューに続き2回目。私には2回目だが、彼も踊るのは2回目だろうか?いずれにしても、1年は経っている訳で、その割には進歩が感じられない。足首に柔らかさが感じられずリズム感がない。強靭さもスピード感もまだまだ。しかし、期待はしていて、彼を今後も見ていきたいと思っている。

 

最近は疲れぎみと思っていたら、口内炎ができた模様。久しぶりかも。